<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 名古屋市熱田区の交差点で3人が死亡したひき逃げ事件で、歩道に突っ込んだ乗用車の車内から特殊工具が見つかったことが2日、愛知県警への取材で分かった。特殊工具は車のガラスを簡単に割ることができ、車上荒らしなどの犯行に使われることが多い。車内からはバールやレンチも発見され、県警は、車を残し逃走した数人が窃盗事件にも関与していたとみて行方を追っている。

 現場近くの女性(63)によると、数人のうち1人の男は車から逃げ出した直後、いったん車内へ戻ったという。所持品を持ち去ったり、証拠隠滅のため車内を調べたりした可能性があり、県警は当時の状況を詳しく調べている。

 車は盗難車でナンバープレートが付け替えられていた。車内からはこのほか、ブラジル人が通話した履歴のある携帯電話が見つかっている。

さっぽろ雪まつり 大氷像「イオラニ宮殿」が完成(毎日新聞)
和辻哲郎文化賞に今橋、互の2氏(時事通信)
小沢氏、沖縄に土地 辺野古から9キロ投機か 17年購入(産経新聞)
<新聞労連ジャーナリスト大賞>毎日新聞記者らに表彰状(毎日新聞)
「小沢幹事長や鳩山がお騒がせ」首相が陳謝(読売新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-02-06 05:00
 脳の神経細胞から伸びるひげ状の「神経突起」は成長する際、先端部が時計と同じ右回りに回転していることを、理化学研究所と大阪大のチームが動物実験で発見した。回転が左右の脳の非対称性を生み、右脳と左脳の機能分担を生じさせると推測している。米科学誌「ジャーナル・オブ・セルバイオロジー」で2日、発表する。

 理研の上口裕之チームリーダー(脳科学)らは、ラットの神経細胞を特殊なゲル状の溶液中で三次元的に培養。あらゆる方向に成長する神経突起の先端の動きを記録した。

 すると神経突起の先端にあり突起の進む方向を決める「成長円すい」から、多数飛び出ているとげ状の「糸状仮足(しじょうかそく)」という部分が、根元から見て時計回りに回転し続けていることが分かった。毎分1回転で、回転しつつ伸び縮みしているという。遺伝子操作で糸状仮足の回転を止めると、通常右曲がりに伸びる神経突起が直線的に伸びるようになった。また右脳、左脳とも回転は右回りだった。左右の脳の神経回路は鏡に映した対称形ではなく、非対称になる。上口さんらは「非対称の神経回路が右脳、左脳の機能差を生むと考えられる。回転を止めたり逆にした神経細胞を作ることで、脳のメカニズムを解析する新しい方法が生み出せる」としている。【奥野敦史】

雑記帳 映画「京都太秦物語」完成披露試写会行われる(毎日新聞)
<替え玉殺人>中国人被告に無期懲役 大阪地裁判決(毎日新聞)
一足早く春の香り 司馬遼太郎記念館 菜の花で飾り付け(産経新聞)
民主議員「舛…あっ」 厚労相苦笑「長妻でございます」(産経新聞)
未公開株話、巨額集金か 金商法違反 警視庁が近く本格捜査 (産経新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-02-05 07:55
 民主党の小沢一郎幹事長は30日、選挙応援のために訪れていた松山市から空路帰京し、午後には都内で開かれた秘書の結婚式に出席した。

 自身の資金管理団体「陸山会」の土地購入資金の原資をめぐり疑惑を指摘され続けている小沢氏だが、29日夜に松山市内のホテルで愛媛県選出の党所属国会議員らと会食した際には「薄汚いお金は受け取っていない。新聞は信じてくれないからああやって書くが」などと述べて、改めて潔白を訴えたという。

【関連記事】
胆沢ダムは「小沢ダム」か 八ツ場住民「なぜ続行」
小沢氏「頑張る」 幹事長続投に改めて意欲
野田財務副大臣が小沢氏進退に言及
所信表明「政治とカネ」問題が少ないと野党批判
施政方針演説 軽さ否めない“宇宙言語” 

<陸山会事件>9億円は口座入金なし(毎日新聞)
「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行−検察側冒頭陳述・秋葉原事件(時事通信)
軽症患者の特別料金見送り=診療報酬改定で−中医協(時事通信)
「女子高生を妊娠させた」ニセ60代弟が80代兄だます(産経新聞)
「給食費未納者は子ども手当減額」鳩山首相が検討表明(産経新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-02-04 08:48
 進学・進級のシーズンが近づいてきた。成長とともに気になるのが子供部屋だ。民間の調査からは「部屋を与えても子供に目が届くように」と願う親の姿がうかがえる。専門家は「学習習慣をつけるため、小学生のうちは食卓やリビングで勉強させるのが望ましい。子供部屋は自立を促す空間に」とアドバイスする。(草下健夫)

 ◆「リビング通って」

 望ましい子供部屋の間取りについて、ミキハウス子育て総研が昨年2月、乳幼児の親291人にインターネットで調査したところ、「玄関を上がって、必ずリビングを通って子供部屋に行く間取り」が68・6%に達した。既存の住宅に多い「玄関から直接子供部屋に行ける間取り」はわずか0・8%だった。

 同社の藤田洋社長は「子供をグイグイ引っ張るような“肝っ玉母さん”が少なくなった。表情の見えないメール文化になじんだ今の親たちは、ほめたりしかったりが難しいと悩むことが多い」と指摘。「幼いときはリビングで勉強や遊びをさせる。成長して子供部屋に入っても、声を掛けやすい状況を望む親が多い。それが、現代の子供部屋のあり方のようだ」という。

 リビングでの勉強については「学習習慣は集中力の問題。テレビがついていても集中できる子は集中する。多少オープンな方が親に分からないところを質問しやすい」と藤田社長。

 『中学受験−合格するパパの技術』(朝日新聞出版)の著者で教育に詳しいジャーナリストの清水克彦さんも「小学生は食卓で勉強を」と力説する。

 一昨年に清水さんが調査したところ、男子校の開成中学合格者23人中、食卓かリビングで勉強していたのは15人、子供部屋は8人。女子の桜蔭中学も合格者16人中、食卓かリビングが11人、子供部屋は5人だった。清水さんは「勉強方法を教え、解ける喜びを体感させるため親がある程度の手ほどきを」と訴える。

 食卓は新聞やニュース番組で親子の話題が膨らみ、“見えない学力”を養う場としても重要。有名中学合格者は学習机すら持っていないことも多いという。

 ◆居心地を悪くする

 清水さんは子供部屋の意義について、「自分の空間を管理することで自立と責任感を養う場」と位置づける。ただ、「パソコンやテレビ、携帯電話を持ち込むなど居心地の良い部屋にしないことが大切」という。

 ハード面でもリビングでの勉強に対応する家具メーカーも出てきた。「カリモク家具販売」(愛知県東浦町)は、食卓に横付けできるサイズの学習机を開発。普段は食卓から離して勉強や遊びに使う。そして、子供が成長したら机は子供部屋へ。「子供の空間を確保し、家族のふれあいも大切にしたい」と担当者は話す。

 ミキハウス子育て総研の藤田社長は「立派な子供部屋だから成績が良いとか、立派な人になるといった相関関係はない。親の思いを自信を持って子供に働きかけてほしい」と強調する。

                   ◇

 ■6割が「小学生」で

 ミキハウス子育て総研の親に対する調査によると、「子供部屋を与えたい時期」は小学校低学年(1〜3年)が39・4%で最多。次いで、小学校高学年(4〜6年)23・2%、中学10・4%、5〜6歳5・4%などとなり、6割超が小学生時代と考えていた。

 「子供部屋に1人で寝かせる年齢」も小学校低学年34・7%、小学校高学年26%、5〜6歳9・9%−と、子供部屋を与える年齢と同様の結果だった。

 子供部屋に置きたい物(複数回答)は学習机が83・1%とトップ。本棚81・5%、クローゼット・洋服だんす67・1%、おもちゃ箱64・6%−などだった。

死に向かう志士、寺田屋と近江屋 龍馬ゆかりの地を行く(産経新聞)
<神奈川イメージアップ大賞>火坂雅志さんら3人を表彰(毎日新聞)
阿久根市長出廷「免職の元係長、復職は悪影響」(読売新聞)
企業再生支援機構の活用検討=ハウステンボス再建で−前原国交相(時事通信)
「海外からでも納税できる」遼君、ネット申告PR(読売新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-02-03 10:15
 羽生善治王将(39)に久保利明棋王(34)が挑む第59期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第2局は29日、栃木県大田原市のホテル花月で2日目が始まった。

 開幕戦を制し、連勝を狙う久保の「ゴキゲン中飛車」に対し、追いつきたい羽生が積極的に動いた本局。羽生が思い切った攻めを決行した局面で、指し掛けになっていた。

 定刻の午前9時前に両者が対局室へ入り、記録の鵜木学三段が読み上げる手順に従って、5三同角(40手目)までの局面を盤上に再現した。そこで、立会の屋敷伸之九段が羽生の封じ手を開け、「(5三)同桂成です」と読み上げた。

 久保が5三同飛と応じて、羽生が角、久保が銀と桂を手にする2枚換えに。こうした交換は通常、駒2枚を持った方が有利とされる。だが、羽生には一定の成算があるのだろう。角を敵陣へ打ち込み、馬を作る。そして、2四飛(47手目)とさばいた。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:王将戦開幕 久保が先手番
将棋:卒業後も出雲で活動…高校生棋士・里見香奈さん
将棋:アマ王将位大会 さいたま市の遠藤正樹さんが初優勝
将棋:1日目から激戦、羽生封じる 王将戦第2局
将棋:久保、ゴキゲン中飛車 王将戦第2局

民家に4人組強盗、430万奪う 千葉県富里市(産経新聞)
FX脱税で高級マンション、初公判で事実認める(読売新聞)
<動く古代天井>CGの海の生物が動く…福井県立恐竜博物館(毎日新聞)
<子ども手当>11年度満額支給は困難 野田副財務相(毎日新聞)
外国人参政権は国民新党と調整 官房長官(産経新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-02-02 12:49
 与野党対決の舞台とみられた通常国会で、自民党は序盤から攻めあぐねている。25日は民主、公明両党との間で2月中の党首討論と衆院予算委員会での集中審議開催で合意したことを理由に、09年度第2次補正予算案の衆院通過をあっさり認めた。昨年の臨時国会で審議拒否と復帰を繰り返した失態がトラウマとして残るうえ、鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長の政治資金問題でも決定打を欠き、「戦う野党」の姿はなお見えてこない。

 自民党は26日からの参院予算委で舛添要一前厚生労働相、林芳正政審会長ら論客を立てる。補正予算の衆院通過に抵抗しなかったのは今夏の参院選をにらみ、同党参院議員に見せ場を提供する配慮も働いたようだ。

 ただ、参院側でも首相を追い込めないようだと失速感は一段と高まる。先の臨時国会ではいったん民主党が約束した党首討論が結局開かれなかった経緯があり、今回も与野党合意の実現に懐疑的な見方がくすぶる。

 自民党が求める小沢氏の参考人招致には民主党が強く抵抗。実現させる手立ては今のところなく、世論の小沢氏批判の高まりを期待するしかない。大島理森幹事長は25日の記者会見で「幹事長なのだから(小沢氏が)与党国対関係者に(自身の招致を行うよう)指示すればいい」と皮肉ったが、結局は「与党頼み」の構図だ。

 公明党が補正予算案に賛成するなど野党の対応が分かれる中、自民党が突出して強硬姿勢をとれない事情もある。同党幹部は「まだ早過ぎる。対決の場面はこれから何度もある」と忍耐を強調している。【木下訓明】

【関連ニュース】
陸山会土地購入:小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い
小沢幹事長:聴取4時間半 「包み隠さず説明した」と会見
小沢幹事長:虚偽記載関与を否定 聴取後に会見、文書配布
小沢幹事長:地検が事情聴取開始 土地購入原資など説明か
小沢幹事長:聴取に「検察は説明を」…民主の細野副幹事長

<大麻所持>ネパールで日本人容疑者逮捕 搭乗図る(毎日新聞)
山崎拓氏らに参院公認見送り正式通知(産経新聞)
春闘、経団連の立場理解=「簡単に昇給できる状況でない」−鳩山首相(時事通信)
市バスが電柱に衝突、14人負傷=京都(時事通信)
インフル患者、8週ぶり増加=週48万人、ほとんど新型−感染研(時事通信)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-02-01 07:02