カテゴリ:未分類( 73 )

 「心の中では帰国に反対。やると言って海外に出たんだ。最後までやったらいいという思いもある」

 当時の赤軍派幹部、物江克男氏(62)は、よど号メンバーたちが帰国を望むことについてそう話す。

 物江氏は不起訴になったが、ハイジャック事件で逮捕された経歴もある。当時は国内での組織担当。赤軍派崩壊後も精神医療にかかわりながら、運動を続け、メンバーたちともかかわりを続けている。

 事件を振り返り「結果として間違っていた」と受け止めているが、赤軍派が暴力行為を重ねたことについては「最後は軍事が必要という思いは今も変わりない。暴力はだめだと清算をするつもりはないんです」という。

 精神医療に取り組んだのは「狂気とは何か、ということに興味があった」から。「自分たちもそういう部分を持ち合わせていたという思いもあった」と打ち明ける。

 「この40年で2度、大きなショックを受けた出来事がある」。物江氏は、連合赤軍のリンチ死事件と、ソ連の崩壊を挙げた。「ソ連は信じていなかったが、社会主義は信じていた。マルクスとレーニンが並んだ部屋の本棚を見つめながら、本当に呆然(ぼうぜん)とした」と話す。

 元赤軍派の中には、物江氏のように運動を続けている人も、そうでない人もいる。当時のリーダー、塩見孝也元議長は、20年近く服役した後、今は東京で市営駐車場の管理人の仕事をしながら運動を続けている。

 塩見氏は最近、当時の活動家仲間らを集め、自らの「生前葬」を計画。関係者にあてた案内状にはこんな文面が記されていた。「かつて散々社会をお騒がせしました塩見孝也が、最後のお騒がせをすることになりました」

 一方、国内に戻った実行犯メンバーの家族は、東京と大阪に別れ、それぞれの暮らしを営んでいる。北朝鮮で生まれた子供たちも日本の生活に慣れつつあるが、就職などで厳しい待遇を受けることもあり、気苦労が絶えないという。

 北朝鮮に残るメンバーとは、離ればなれの暮らしが続く。だが、家族の一人は「それは覚悟の上のことですから」と静かにつぶやいた。

【よど号グループとその家族など】

 田宮高麿(代表) 北で死去 ※妻、子3

※小西隆裕     65歳   妻、子2

※赤木志郎     62歳   妻、子1、妹一家4

※魚本(安部)公博 62歳   妻、子3

※若林盛亮     63歳  ※妻、子2

 岡本武      北で死去? 妻(北で死去?)、子2

 柴田泰弘     56歳  元妻、子2

 田中義三     服役中死去 妻、子3

 吉田金太郎    北で死去? 未婚?

※は在北朝鮮、敬称略

【関連記事】
よど号事件40年 「明日のジョー」はいま…
拉致留学生のパスポート偽造 北と日本赤軍、よど号犯通じ接点?
41年目の赤軍派元メンバーたちが京都に集った理由とは?
元連合赤軍幹部・永田洋子死刑囚の脳腫瘍が悪化
拉致問題「実行犯引き渡し項目」削除めぐり波紋

オープン当日辞表の盆栽美術館長、辞意撤回(読売新聞)
保育所で1歳児大やけど、高温の湯で体洗う(読売新聞)
足利事件再審 裁判長が菅家さんに謝罪(産経新聞)
貨物船同士が衝突、2人不明=鳴門海峡−徳島(時事通信)
<製品事故情報>消費者庁のデータバンク 1日から開設(毎日新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-04-02 15:47
 約4万年前にロシア南部で未知の人類が暮らしていた可能性の高いことが、独マックスプランク研究所などの分析で分かった。約104万年前に現生人類やネアンデルタール人と共通の祖先から枝分かれし、独自に進化したらしい。25日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 研究チームは、ロシア南部のアルタイ山脈にあるデニソワ洞穴で見つかった指の骨片を分析した。細胞内の小器官「ミトコンドリア」からDNAを取り出し、塩基配列を特定、現生人類やネアンデルタール人、チンパンジーなどと比較した。

 その結果、骨片は約104万年前に現生人類やネアンデルタール人と共通の祖先から枝分かれした新しい人類のものと結論づけた。また、骨片が出土した地層の年代が4万8000〜3万年前だったことから、4万年前まで存在していたことも判明した。

 人類の起源はアフリカと考えられている。約190万年前、猿人から進化した原人がアジアへ移動。原人は、約47万年前にネアンデルタール人の祖先と現生人類の祖先にそれぞれ進化したとされている。チームは「未知の人類はユーラシア大陸で、他の人類の祖先と近接して共存していたようだ」としている。【元村有希子】

【関連ニュース】
古代人の生活体験を 8月に1泊ツアー
世界の雑記帳:4万年前に「未知の人類」、ロシア南部で小指の骨発見
人類のふるさとアフリカ

首相動静(3月21日)(時事通信)
<中国電力>原発説明会阻止される 山口・上関(毎日新聞)
GSK社製2368万回分を解約、違約金なし―輸入新型ワクチン(医療介護CBニュース)
両陛下、平等院ご訪問(産経新聞)
小沢幹事長 生方氏の副幹事長職を慰留、本人も了承(毎日新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-03-31 07:14
 自民党の大島理森幹事長は27日午後、滋賀県近江八幡市で講演し、亀井静香金融・郵政改革担当相らが発表した郵政改革案の骨格に関し「(政府は)官の大きな銀行をつくるようなことを考えているようだ。世界から笑われる」と批判した。
 一方、大島氏は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題が5月中に決着しなかった場合の鳩山由紀夫首相の責任に関し、「どうぞお辞めなさい。もはや国民のリーダーとは言えない」と述べ、退陣すべきだとの考えを強調した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

細菌性髄膜炎のワクチンの定期接種化などで要望書(医療介護CBニュース)
<性的暴行容疑>逮捕の英会話教師、保護者から性教育承諾書(毎日新聞)
「陸」の慎太郎、西郷も認めた「節義の士」(産経新聞)
「スーパー特区」検討、枝野氏が橋下知事に表明(読売新聞)
<雑記帳>松阪牛VS輸入肉 香り豊かなのは?(毎日新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-03-28 01:48
 レスキュー隊員や医師、看護師らで組織される日本の国際緊急援助隊救助チーム(JDR救助チーム)はこのほど、都市型災害における国際的な能力評価である「IEC」の検定で、最高レベルの「ヘビー級」を獲得した。

 IECは、80数か国が参加する「国際捜索救助諮問グループ」が主催する能力認定で、被災地で活動現場を割り振る際の指標として活用される。ランクは「ライト」「ミディアム」「ヘビー」の3つがあり、最も優れた能力を持つチームは「ヘビー」級に認定される。

 検定は3月10日から11日にかけて、兵庫県広域防災センター(兵庫県三木市)で行われた。医師や看護師、レスキュー隊員、業務調整員らで編成されたJDR救助チームは、マグニチュード7.8の地震が発生したという設定の下、38時間連続で演習を実施。その結果、イギリスや中国などのチームに続き、世界で13番目の「ヘビー級」取得チームに認定された。



【関連記事】
「日本の医師にハイチの被災地医療の追体験を」―国際援助隊医療チームの畑医師ら
国際緊急援助隊医療チームが解団式
四川大地震、支援スタッフが現状を報告
災害医療で「医師会JMAT」を提案−日医委員会
調整機能が大切―特集・医療支援(1)「災害医療」

首相動静(3月18日)(時事通信)
北教組起訴 規律・順法意識欠如の結果(産経新聞)
免許照会で元不倫相手の住所探る=米とみそ送付、巡査部長を処分−鹿児島県警(時事通信)
日米同盟基軸「揺るぎなく継続」=防大卒業式で訓示−鳩山首相(時事通信)
<裁判員裁判>強盗殺人、求刑通り無期判決 水戸地裁(毎日新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-03-26 18:32
 日本たばこ産業(JT)は17日、火を使わず煙が出ない無煙たばこ「ゼロスタイル・ミント」を5月中旬に東京都内限定で発売すると発表した。喫煙場所が年々少なくなる愛煙家に、場所を気にせず吸える商品を提供しようと開発したもので、全国で順次売り出す。

 パイプ状の本体にタバコの葉が詰まった専用のカートリッジをセットして吸い、口や鼻で香りを楽しむ。タールはゼロ、ニコチンは0.1ミリグラムの20分の1程度といい、一つのカートリッジで600回味を保てる。息を吐き出す際、わずかにたばこのにおいがするという。

 本体1本、カートリッジ2本入りで300円。詰め替え用カートリッジは4本入りで400円。【窪田淳】

【関連ニュース】
【関連記事】質問なるほドリ:受動喫煙はなぜ悪いの?
【関連記事】特集ワイド:「受動喫煙防止条例」施行迫る神奈川 ルポ「禁煙都市」
【関連記事】受動喫煙防止:飲食店なども原則全面禁煙 厚労省通知へ
【関連記事】受動喫煙防止:職場の禁煙、やっと始動
【貴重な写真で振り返る】「喫煙で肺がん」広がる衝撃 新幹線禁煙車の写真も(1964年)

三浦りさ子さんが接触事故 東京・南青山(産経新聞)
鳩山政権半年、支持率低迷で閣僚に悔しさにじむ(読売新聞)
<新銀行東京損賠訴訟>旧経営陣が争う姿勢 1回口頭弁論(毎日新聞)
<入札>導入したら歳入70倍に 自販機設置で岐阜県(毎日新聞)
普天間移設 「徳之島」検討指示 首相、県外を重視(産経新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-03-24 14:23
 埼玉県警熊谷署は18日、自称熊谷市戸出、無職二宮哲男容疑者(57)を強盗と銃刀法違反の疑いで逮捕した。

 二宮容疑者は、コンビニで現金を奪って逃げたが、店員が逃走車にカラーボールを命中させ、早期検挙につながった。

 発表によると、二宮容疑者は17日午後11時45分頃、熊谷市戸出の「セブン―イレブン熊谷戸出店」で、レジにいた男性アルバイト店員(26)に出刃包丁(刃渡り約16センチ)を突きつけ、「レジを開けろ」と脅して現金約7万4000円を奪った疑い。

 二宮容疑者は店の駐車場に止めていた乗用車で逃げたが、通報で駆け付けた熊谷署員が約15分後、近くの市道で、カラーボールのオレンジ色の塗料が付着した車を運転する二宮容疑者を発見。車内からは強盗に使われたとみられる出刃包丁とナイフが見つかり、同署は銃刀法違反容疑で二宮容疑者を現行犯逮捕した。「金に困っていた」などと供述しているという。

<運転終了>特急「北陸」と急行「能登」 上野駅でファン惜別(毎日新聞)
「私の組織で抹殺します」 部下脅迫の疑い、大和市職員逮捕(産経新聞)
日本郵政 郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
米連銀の無利子預金は「密約」=運用益、利益提供に当たらず−沖縄返還(時事通信)
男性の大腸がんリスク、マグネシウム摂取量高いほど低下傾向(医療介護CBニュース)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-03-20 12:30
 岐阜・滋賀県境の伊吹山(1377メートル)の山頂に通じる「伊吹山ドライブウェイ」(全長17キロ)で17日、春の訪れを告げる本格的な除雪作業が始まった。4月17日の開通を目指す。

 ふもとの料金所から約15キロの8合目付近で作業を開始。気温0度で雪が舞う中、路上に約4メートル積もった雪をロータリー車やショベルカーなど計4台で勢いよく谷底に落とした。

 管理・運営する日本自動車道(本社・東京)によると、昨年末からの断続的な大雪で、山頂の積雪量は例年の倍の6〜7メートルに及ぶという。

 今年は、雪で再び閉ざされる11月末までに、昨年より2000台多い8万台の通行を見込む。【子林光和】

邦夫氏との連携否定=鳩山首相(時事通信)
<押尾被告事件>MDMA譲渡の友人に実刑 東京地裁判決(毎日新聞)
将棋 三間飛車対居飛車…王将戦・第5局(毎日新聞)
福祉医療機構、「仕分けられる」―医法協・日野会長(医療介護CBニュース)
<座礁>フェリー、荒波で崩落 三重・熊野灘(毎日新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-03-18 16:42
 大阪城公園(大阪市中央区)天守閣前広場の路面が陥没した事故で、公園を管理する大阪市は15日、地中に埋設された雨水排水管が破損して漏水し、地中の土砂が流れて空洞ができたのが原因と発表した。

 この日の掘削調査で、陥没部分近くの深さ約1メートルの地中にあった陶製の雨水排水管(内径23センチ)が長さ約0・7メートルにわたって割れているのを確認。破損部分を撤去し、ビニールパイプで応急措置した。排水管は1962年以前に埋設されたという。周辺には同様に古い排水管が埋設されているとみられ、市は今後、超音波などで広場の地中に空洞がないかを調べる。

ウインターラフティング 尻別川で人気に 北海道倶知安町(毎日新聞)
大学生の「就業力」アップ、国が5年計画(読売新聞)
降雪で転倒、26人負傷=9人が骨折か−東京(時事通信)
<裁判員裁判>「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張(毎日新聞)
<潮風号>今季もスタート 北九州・門司港(毎日新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-03-17 01:18
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前10時1分、公邸発。
 午前10時25分、羽田空港着。
 午前10時47分から同11時20分まで、ガーナ、ケニア2カ国を訪問する皇太子さまを見送り。同22分、羽田空港発。
 午前11時37分、東京・城南島の金属リサイクル会社「リーテム」東京工場着。
 午前11時41分から午後0時42分まで、同社の中島彰良代表取締役兼最高経営責任者(CEO)らと意見交換。昼食。中山義活首相補佐官、藤田憲彦民主党衆院議員同席。同43分から同1時8分まで、同工場を視察。同10分、同所発。同12分、東京・城南島の家電リサイクル会社「フューチャー・エコロジー」東京事業所着。同事業所を視察。同46分、同所発。
 午後1時48分、東京・城南島の食品廃棄物リサイクル会社「バイオエナジー」城南島食品リサイクル施設着。同施設を視察。同2時16分、同所発。
 午後2時17分、東京・城南島の建設廃棄物リサイクル会社「高俊興業」東京臨海エコ・プラント着。視察。同3時3分から同8分まで、同社内の会議室で報道各社のインタビュー。「きょうの視察をどう政策に生かしていくか」に「国全体をリサイクルさせていくシステムをつくるためにもっと力を入れたい」。同10分、同所発。
 午後3時47分、公邸着。同52分、沖縄等米軍基地問題議員懇談会会長の川内博史、事務局長の近藤昭一両民主党衆院議員、孫崎享元外務省国際情報局長が入った。
 午後5時19分、近藤、川内、孫崎各氏が出た。
 7日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

<歌舞伎>中村壱太郎ら親子3代で会見…京都南座(毎日新聞)
中井防災担当相、低い津波避難率で「きちんと報道されなかった」(産経新聞)
シュワブ陸上案を拒否=官房長官に伝える−沖縄知事(時事通信)
食事与えず5歳児死なす=2カ月放置、体重約6キロに−容疑で両親逮捕・奈良県警(時事通信)
「風通しの良い日弁連に」宇都宮・次期会長抱負(読売新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-03-12 21:41
 【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第4回公判】(2)

 《引き続き、検察官は友人3人とともに加藤智大被告のトラックにはねられた被害者の大学生、Cさんの供述調書を読み上げている。加藤被告はじっとうつむいたままで、表情からは何を考えているのか読み取ることはできない》

 検察官「私もB君(一命を取り留めたCさんの友人)もトラックをよけるのが遅れたら、亡くなったA君や川口(隆裕)君=当時(19)=のようにはねられていたはずです。私は事件を思いだすのがいやで、あれ以来、秋葉原には行っていません。また、信号はたとえ青でも、『トラックがきたらどうしよう』と思うと怖くなってしまいます」

 「私は事件の後、川口君とA君のお葬式に参列させていただきましたが、川口君のお母さんは葬儀の間はずっと泣いていて、とても悲しそうでした。A君のご両親もずっとうつむいていて、とても悲しそうでした」

 「トラックが突っ込んでくるまでは、4人はいつも遊んでいた“アキバ”で、いつもと同じように遊んでいました。こんなにもあっさりと大切な友達を亡くすなんて、想像もしていませんでした」

 《やるせない胸の内を告白するCさん。法廷は静まりかえり、加藤被告はうつむいたままだ》

 検察官「A君と川口君に会いたいと伝えたい…。夏休みには旅行に行きたいし、川口君と約束だったゲームの決着をつけたい。大勢の命を奪った犯人は、絶対に死刑にしてください」

 《供述調書からは、Cさんの加藤被告に対する怒りが伝わってくる。読み上げは続く》

 検察官「死刑にしてほしいけど、犯人には簡単には死んでほしくないです。A君や川口君、そのほかの被害者が味わった苦しみと同じ分の苦しみを味わわせたい。そのために私が犯人をぶん殴ってやりたいです。以上です」

 《読み上げは終了した。次は、供述調書の本人である被害者のCさんによる、法廷での証人尋問が行われる》

 《Cさんの希望で、Cさんの姿が傍聴席からは見えないように、法廷と傍聴席の間に遮蔽(しゃへい)用のカーテンが置かれることになった。傍聴席の前には、大きな板のカーテンが準備された。証言台は傍聴席からは見えないが、検察官や被告人、弁護人の席からは見える状態だ》

 《村山浩昭裁判長の合図で、Cさんが入廷してきた。まずは、検察官による尋問が始まった》

 検察官「それでは質問を始めます。あなたは、被害者のCさんですね」

 証人「はい」

 検察官「それでは、秋葉原に行った経緯を教えてください。事件が起きた平成20年6月8日、友人4人で映画を見に行くために午前7時ごろ集合したんですね?」

 証人「はい」

 検察官「新宿で映画を見た後、午前11時ごろに秋葉原に行ったのですね?」

 証人「はい」

 検察官「被害にあわなければ、どうする予定だったのですか」

 証人「ほかにお店を回ったり、ゲーセン(ゲームセンター)に行ったりする予定でした」

 検察官「それはなぜですか」

 証人「私と川口君は同じゲームが好きだったのですが、どっちがうまいかゲーセンで決着をつける約束をしていたからです」

 検察官「それでは図面を見てください」

 《法廷内の大型モニターに、事件現場となった秋葉原の交差点の図が映し出された。証言席の手元にもモニターがあり、書き込むことができるようだ》

 検察官「この図面がどこか分かりますか」

 証人「はい、事件のあった交差点です」

 検察官「4人がどのように事件現場にさしかかったか、図面に書き込んでください」

 証人「はい」

 《Cさんは、検察官の指示に従って矢印を書き込んだ》

 検察官「そこで、どうしたのですか」

 証人「横断歩道を渡りました」

 検察官「4人が渡ったとき、信号は何色でしたか」

 証人「青信号でした」

 検察官「4人の位置関係はどうでしたか」

 証人「前後に2人ずつ並んでいて、私とB君が前で後ろにA君と川口君が歩いていました」

 検察官「何か話をしていたのですか」

 証人「朝に見た映画の話をしていました」

 検察官「周りには人はいましたか」

 証人「あまり覚えていませんが、それなりにいたとは思います」

 検察官「(加藤被告が運転する)大型トラックに気づいたとき、トラックからどのくらい離れていましたか」

 証人「4〜5メートルぐらいだったと思います」

 検察官「どんな様子でしたか」

 証人「かなりスピードが出ていて、エンジンの大きな音も聞こえました」

 《事件が起こったときの様子を、慎重に聞き出していく検察官。加藤被告は、相変わらず下をじっと見つめたままだった》

     =(3)に続く

【関連記事】
(1)「友達の口から血が流れ…」暴走トラックにはねられた女性、証言台へ 秋葉原殺傷第4回
証拠不同意 弁護側の姿勢に疑問の声 秋葉原無差別殺傷
「みんな死ねば」加藤被告の悔恨 秋葉原17人殺傷
証人尋問で遮蔽措置「気分悪くなった」 秋葉原殺傷公判
証人を遮蔽、けがの状況生々しく 秋葉原殺傷第3回公判

芸能プロ社長に有罪=3億円脱税−東京地裁(時事通信)
<遭難>スノボの3人 新潟のスキー場(毎日新聞)
長野県・美ケ原 零下に咲く「氷の花」(産経新聞)
<調査捕鯨妨害>「昭南丸」侵入容疑で拘束の男逮捕へ 海保(毎日新聞)
<偽1万円札>関東で数百枚発見 日本人2人関与か(毎日新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-03-11 00:39