首相「訓練移転だけでも」 徳之島3町長は拒否(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は7日、鹿児島県・徳之島3町長らと会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、「徳之島へは部隊であっても1000人以下だ。駄目ならば訓練移転だけでも受け入れてほしい」と要請した。3町長は「きょうは移設協議ではない」などと拒否した。

 また、首相は近く徳之島を訪れ、交渉を進めたいとの考えを示したが、町長らは難色を示した。

【関連記事】
米、徳之島に「NO!」 首相オソマツ軍事知識に周囲驚愕
「県外は努力目標」 首相、責任軽減へ予防線
徳之島「一部移設」断念へ 普天間問題で政府
鳩山首相の祖父墓に塗料「批判は私自身が受ける」
迷走招いた鳩山首相の「言葉の軽さ」…その8カ月間を追う
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

介護が政治に望むこと(3)「地域での小規模多機能、求められるのは当然」―小規模多機能連絡会・川原秀夫代表(医療介護CBニュース)
踏切作動せず列車通過=別の駅ではオーバーランも−JR九州(時事通信)
鳩山首相祖父の墓に黄色いペンキ(スポーツ報知)
小沢氏辞任論にはくみしない、総務相が強調(読売新聞)
介護保険 ドラマで解説 豊島区がDVDを制作(産経新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-05-11 00:49