高速新料金制を再検討=異論続出で−政府・民主(時事通信)

 政府・民主党は21日夜、鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長らによる首脳会議を首相官邸で開き、政府が6月導入を目指す高速道路の新料金制度について、再検討することで一致した。近距離などでは実質値上げとなる新制度に対し、与党内から異論が続出。夏の参院選に影響を与えかねないことから、見直しを求める声が上がっていた。
 新料金制度への移行に伴い、現行の「休日上限1000円」などの割引制度は廃止。割引廃止で浮いた財源を高速道整備に活用できるようにする道路財政特別措置法改正案が衆院で審議入りしており、政府は早期成立を目指していた。 

【関連ニュース】
【動画】ゴールデンウイークの高速道路渋滞予報
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【Off Time】街ある記-富山県魚津
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜

「ポスト盗まれた」長男110番=家族も通報、対立深まる−一家5人殺傷・愛知県警(時事通信)
<八幡浜漁協>女性職員が顧客定期7000万円分を無断解約(毎日新聞)
<ウナギ>稚魚の漁獲量激減 中国、台湾も 土用の丑ピンチ(毎日新聞)
<ウナギ>稚魚の漁獲量激減 中国、台湾も 土用の丑ピンチ(毎日新聞)
織田信成選手 婚姻届を提出、「身の引き締まる思い」(毎日新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-04-24 08:17