<JT>火不要の無煙たばこ、まず都内限定で5月に発売(毎日新聞)

 日本たばこ産業(JT)は17日、火を使わず煙が出ない無煙たばこ「ゼロスタイル・ミント」を5月中旬に東京都内限定で発売すると発表した。喫煙場所が年々少なくなる愛煙家に、場所を気にせず吸える商品を提供しようと開発したもので、全国で順次売り出す。

 パイプ状の本体にタバコの葉が詰まった専用のカートリッジをセットして吸い、口や鼻で香りを楽しむ。タールはゼロ、ニコチンは0.1ミリグラムの20分の1程度といい、一つのカートリッジで600回味を保てる。息を吐き出す際、わずかにたばこのにおいがするという。

 本体1本、カートリッジ2本入りで300円。詰め替え用カートリッジは4本入りで400円。【窪田淳】

【関連ニュース】
【関連記事】質問なるほドリ:受動喫煙はなぜ悪いの?
【関連記事】特集ワイド:「受動喫煙防止条例」施行迫る神奈川 ルポ「禁煙都市」
【関連記事】受動喫煙防止:飲食店なども原則全面禁煙 厚労省通知へ
【関連記事】受動喫煙防止:職場の禁煙、やっと始動
【貴重な写真で振り返る】「喫煙で肺がん」広がる衝撃 新幹線禁煙車の写真も(1964年)

三浦りさ子さんが接触事故 東京・南青山(産経新聞)
鳩山政権半年、支持率低迷で閣僚に悔しさにじむ(読売新聞)
<新銀行東京損賠訴訟>旧経営陣が争う姿勢 1回口頭弁論(毎日新聞)
<入札>導入したら歳入70倍に 自販機設置で岐阜県(毎日新聞)
普天間移設 「徳之島」検討指示 首相、県外を重視(産経新聞)
[PR]
by q5belwlpfg | 2010-03-24 14:23